• <h3>半世紀の軌跡</h3>

    半世紀の軌跡

    2023年は、加古隆にとって記念すべき年。

    パリ留学中の1973年・26歳の時、ある偶然からフリージャズ・ピアニストとしてステージに登場したのでした。それから現在の音楽スタイルに至るまでの軌跡を、4つのパートに分けてコンサートのプログラムに組み入れて、まさに「加古隆のすべて」をお届けします。

    デビュー50周年コンサートは4月にスタートします。

    各地の詳細はこちら


  • <h3>「映像の世紀バタフライエフェクト」オリジナル・サウンドトラック</h3>

    「映像の世紀バタフライエフェクト」オリジナル・サウンドトラック

    NHK総合で4月から放送されている「映像の世紀バタフライエフェクト」のサウンドトラックCD、10月12日(水)エイベックス・クラシックスより発売。

    代表曲「パリは燃えているか」に加え、新曲「グラン・ボヤージュ」「風のリフレイン」が収録されています。

    番組冒頭の“青い蝶の羽ばたき”にかかる曲は「グラン・ボヤージュ」のイントロ部分ですが、印象的ですね。

    サウンドトラック情報はこちら


  • <h3>男の隠れ家 2022年 11月号</h3>

    男の隠れ家 2022年 11月号

    「男の隠れ家」11月号(9月27日発売)に、軽井沢のアトリエが誌上初公開となっています。
    Special Interviewとして見開きページで掲載されています。ピアノのある仕事場としてこだわった部屋の形。その理由も明かされていますので、是非、手に取ってご覧ください。

    Web情報はこちら


  • <h3>“バタフライエフェクト”</h3>

    “バタフライエフェクト”

    NHK総合「映像の世紀 バタフライエフェクト」が4月4日(月)からスタートしました。
    1995年に「映像の世紀」の番組がスタートしてから変わらずにテーマ曲として流れる「パリは燃えているか」。
    バタフライエフェクトでは、加古隆書き下ろしの新曲も散りばめられています。
    美しい青色の蝶が飛び立つイントロ画面に流れるピアノの音も、印象的です。サウンドトラックCDの発売もお楽しみに!

    番組ホームページはこちら


Information